12回全国中学生・高校生作文コンクール「かけがえのない地球を大切に」で

 

                      最優秀賞を受賞したエコ同好会部長の森綾音さん(エコグリーン)の作文です    

                       

                      エコグリーンは、昨年3月、その副賞として、スイス・スウェーデンに環境保

 

                 全視察旅行に行きました      

           

                      そこでグリーンは、スイス・スウェーデンのさまざまな環境問題への取り組み

 

                 について学び、自分も何かしなければ…と感じたそうです

                       

                      エコ同好会発足のきっかけとなったこの作文を、是非ご覧ください。          

 

 

 

 

                  「あっ、また捨てられてる。」

 

                 先日、半分しか使っていないトマトケチャップが私の家の前の宮前川を流れているのを見つけた。

 

                 私は登下校の際、いつも川沿いの道を通る。だから毎日川の様子を見ているのだが、最近よく変

 

                 なものを見る。一ヶ月ほど前、いつも通り、川を眺めながら帰っていたら、赤い物が川に流れて

 

                 いる。何だろう、と不思議に思って見てみると、何と人参が流れている。そういえば、その前は

 

                 みかんだった。自然のものならまだしも、冷蔵庫・自転車・洗剤の白い泡・油・ペットボトル…

 

                 いい出すときりがないほど流れている。しかし私が幼かったころは、もっと水がきれいで、底の

 

                 砂や貝が見えていたのに、今となっては魚すら緑色の水に飲みこまれて見えにくくなっている。

 

                 私は一年前から、何故このような川になったのか、その原因を調べ始めた。

 

 

                     私はまず、ゴミは誰がどこから流しているのかを知るために、父や市の職員、水をきれいにす

 

                   る会の人達からお話をうかがった。すると、どうやら野菜などのゴミや、冷蔵庫は「ゴミ捨て場

 

                  まで持って行くのが面倒」または「機械を捨てるときお金がいる」などの理由ではないか、とい

 

                  うことだった。こんな身勝手な人がいることに、私は大変腹が立った。

 

 

                   さらに洗剤と油について調べてみた。すると、洗剤には合成界面活性剤といわれる、いつまで

 

                  も分解されず、皮膚障害、髪の脱毛などを引き起こす、人間の体にとって最も危険な化学物質が

 

                  含まれていること、そして、それが実験によって、身の回りにたくさんあることがわかったのだ。

 

                  人間の体に悪いなら、魚にも悪い。つまり私自身が魚を苦しめていたのだ。日頃の自分の行いを

 

                  反省した。また油は料理に使う物の中で最も水を汚すことがわかった。うちは単独浄化槽なので、

 

                  あの川の油は、うちが使った油なのかもしれない。

 

 

                   自分達がこの川を汚したのなら、自分達できれいにしなければ…。その後の調べで、自然にや

 

                  さしいといわれる石けんは、シャンプーや歯磨きにも使えることがわかった。また油のリサイク

 

                  ルの方法として「廃油石けん」というものがあることを知った。廃油と苛性ソーダと水を混ぜて

 

                  作ったもので、うちでも市の人に来てもらって作ってみた。意外と大量に作れて、母も使ってく

 

                  れている。苛性ソーダは劇薬なため、扱いにくいという欠点もあるが、私は、地域でグループを

 

                  結成し、月に一度、会議を開き、団体で機械を借りてみんなで作ったらいいと思う。

 

 

                  シャンプーから石けんへ。川へポイからごみ箱へ。一人一人がちょっと気を付けるだけで、川

 

                 の水質は変わってくる。私達は川を汚してしまった罪ほろぼしとして、常に自分の行動を見はら

 

                 なければならないと思う。私には、宮前川の濁った水は、「これ以上汚さないで」という、必死

 

                 の抵抗に見える。

                                                                                                         →  

 

SEO [PR] ギフト ローンいろいろ 冷え対策 わけありチョコ 無料レンタルサーバー プロフ blog